婦人科疾患

伝説の漢方湿布 糾励根(キュウレイコン)

「伝説の膏薬 下呂膏」に続き、今回は糾励根(キュウレイコン)と言う漢方湿布を紹介致します。 糾励根は、最も安全な第3類医薬品に分類され、10種類の生薬をで作られた粉末の湿布です。 粉末剤なので使用する際は水を加えてゲル状にし、専用の...
婦人科疾患

妊娠中に葛根湯を飲んでも問題ない?

当院は漢方薬店も営んでおりますので、このような質問を沢山受けます。 巷では様々な意見がございますが、当院としては、「容量用法を間違わなければ、まず問題ありません。」とお答えしております。 国産のエキス剤は特に安全性が高く、非常識的な...
逆子

逆子治療最前線

2月中旬に入り、やっと逆子の患者さんが一段落致しました。 例年ですと真冬は逆子の患者さんは減少傾向にありますが、今期は珍しく昨年末~2月上旬にかけて逆子になってしまう方が異常に多く、連日妊婦さんが来院されている状態でした。 皆さ...
治療

お灸はヨモギで出来ている

2016年の来院疾患数でベスト1位を逃した逆子ですが、今年に入って急増しております。 例年ですと、春と秋に逆子の患者さんが増えるのですが、珍しいことに年末から増え始め、年明け2週目の現在では毎日のように妊婦さんのお腹を眺めております。...
逆子

逆子治療の回数について

当院秘伝の"逆子のお灸"に関する問い合わせで、 「必ず週2回、お灸をしないと逆子が治らない(効果がない)のですか?」 という質問を多く受けます。 はっきりお答えしますと、治療頻度を週1回以下に減らした場合、2回のときと比べ...
効能別

乳腺炎には漢方薬の活用を!

何度も記事にしているように当院は逆子治療の患者さんが多いのですが、この数年は乳腺炎の治療で来院される患者さんも結構な数に上っております。 乳腺炎の治療や予防には専門家が行う鍼灸マッサージがとても有効なのですが、これらの他に、日頃のセル...
逆子

逆子治療 2016年 秋の陣

今月に入り、すっかり秋らしい気候となりました。 となると、当院では逆子のシーズンの到来です。 今シーズンは例年と比べると逆子の患者さんは少なく、ぎっくり腰や急性の五十肩の様な整形外科的な疾患が多い傾向にありますが、それでも結構な数の患者...
勉強会

逆子のお灸セミナー

今月末に都内にて、「逆子のお灸」というお題目で講演を行うことになりました。 大きな集まりではないのですが、お陰さまで満員御礼です。 少し前に書いた記事で逆子のお灸についてぼやいたのですが、その記事がきっかけとなり講演を頼まれた次第で...
効能別

女性に役立つ6種類の漢方薬

世の女性の多くは、PMS(月経前症候群)を始め、更年期障害、頭痛や肩こり等の問題に悩まされています。今回はこれらの症状を緩和するために役立つ漢方薬5種類を紹介致します。 ※女性に役立つと言うタイトルにしていますが、男性にも使用致します...
逆子

逆子治療のコツ

同業者から逆子の治し方についての相談をよく受けます。 何度もブログで取り上げていますが、当院は逆子治療を始め婦人科疾患で来院される患者さんが非常に多く、肩こり腰痛を抑え通年を通して来院疾患数ナンバーワンです。 逆子のお灸は単に逆...