ぎっくり腰に効く2種類の漢方薬

6月に入り逆子の患者さんが一段落し、いよいよぎっくり腰のシーズンが到来です。

当院の場合、5月から6月は本当にぎっくり腰の患者さんが多く、急患として治療院に運ばれてくる事も多々あります。
そのような患者さんは痛みによって治療室まで歩けないケースが多いので、患者さんの車の中、あるいは待合室で治療を行っています。
大抵の場合、1回の鍼灸治療で痛みは残るものの歩行が可能となり、数回の治療で完治します。

YNSAの様な鍼灸治療が鎮痛に即効性がある事は周知の事実ですが、実は漢方薬も、ぎっくり腰に対して非常に有効な治療手段となります。
漢方薬と言うと、「効くのが遅い。」と思われるかも知れませんが、その認識は若干誤っています。

そもそも、明治維新までは薬といえば漢方薬しか存在しなかった訳ですから、痛みに悩まされていた先人たちが特効薬を開発しない訳がございません。
従って、ちゃんと急性疾患用の処方も多数存在ます。

今回は、その中からオススメの処方を2種類紹介致します。

1.疎経活血湯(そけいかっけつとう)
ぎっくり腰の様な急性痛から慢性痛まで幅広く対応でき、当院でも非常に多く使われています。
痺れや筋肉痛にも最適です。
使われている生薬の種類が多く複雑な調合のため、正直申しましてあまり美味しくありません。
苦いです。 👿

2.芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
芍薬と甘草の2種類の生薬のみで構成されたシンプルな処方です。
シンプルなぶん大変お求めやすく、当店の場合1日(3包として)120円で販売しております。
個人的には、疎風定痛湯の方が好きなのですが、こちらの方が飲みやすい味なので好む患者さんも多いです。
灌仏会(花祭り)で飲まれる甘茶の味がします。
ぎっくり腰の他に、こむら返り、急な腹痛にも多用されます。

上記の漢方薬+鍼灸治療を行えば、基本的にぎっくり腰の辛い痛みとはオサラバ出来ます。
何事にも言える事なのですが、早期治療がキモとなります。
慢性化してしまうと厄介なので、ファーストチョイスとして鍼灸漢方薬治療を取り入れて頂けると、良い結果が期待できるかと思います。

腰痛に対する鍼灸マッサージ+漢方薬の併用治療例はこちらを御覧ください。

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂