鍼灸マッサージの治療回数について

「どれくらい(何回)通ったら良いのですか?」

という質問を非常に沢山頂きます。
患者さんの体質や症状、漢方薬使用の有無等、個人差が大きいので一概には回答できないのですが、大まかな治療方針としては、下記のようになっております。

・急性疾患(ぎっくり腰、激しい肩の痛み等)
激しい痛みで歩けないぎっくり腰でも、大抵の場合は一度の治療で歩ける程度には回復しますが、油断は禁物です。
再発予防の為、しっかりと週に数回、可能な限り日数を開けず高頻度で治療を行った方が良いです。
2008年の開業時からの統計によると、急性疾患の平均通院日数は3日でした。

・慢性疾患(長年患っている肩こり、腰痛、体質改善等)
週に1,2回の低頻度で症状に改善が見られるまで続け、その後は徐々に治療回数を減らしていきます。
本来、東洋医学は予防医学ですので、予防・体質改善の観点から可能な限り治療を続けることがポイントとなります。

・中枢性疾患・難病等(脳血管障害後遺症、パーキンソン病等)
治療開始後、暫くは高頻度で治療を行い、ある程度の改善が見られたら治療頻度を減らす傾向があります。
上記の慢性疾患同様、生活習慣や体質が大きく関与していますので、可能な限り治療を続けた方が良いです。

・逆子
週に2回行います。
週に1回の場合は改善率が極端に低下する傾向がありますので、週2回の治療を推奨しております。
2008年からの平均治療回数は3回です。
詳細は逆子のコーナーをご覧ください。

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂