腹痛に効く5種類の漢方薬

古来から日本人は胃腸症状に悩まされており、漢方薬や和漢薬の胃腸薬はこれらの症状に対して大変有効的だと言えます。
普段よく使われる5種類の胃腸薬を紹介しますので、ぜひお役立て下さい。

余談ではありますが、実は私も昨日激しい腹痛に襲われ、理中丸(りちゅうがん)という漢方薬のお世話になったばかりです。

漢方薬名 区分 詳細 容量・金額
理中丸 丸剤 別名、人参湯とも言われ、冷えによる急な腹痛に大変良く効きます。
個人的には一番好きな丸薬です。(美味しいので。)
当店の場合は原末成分を蜂蜜で固めた丸剤を使用しているため、通常のエキス剤とは違い、100%の生薬成分を体内に取り入れることが出来ます。
4日分
\1,300
安中散 散剤 シナモンを主とした飲みやすい高級胃薬です。
食べ過ぎ、過敏性腸症候群等、適応範囲が広く、どちらかと言うと慢性的な症状に用いられます。
100㌘

16~30日分
\2,000

香蘇散  散剤 風邪、うつの治療にも使われる便利なお薬です。
シソ、蜜柑の皮等、身体に優しい成分で構成されているため、お子さんを始めどなたでも服用出来ます。
100㌘

16~30日分
\2,000

五苓散  散剤 食べ過ぎ飲み過ぎ、嘔吐、下痢等、「水」を伴う症状に使われます。
急性慢性問わず使用でき、適応範囲も広いので常備薬としてのおすすめ度も高いです。
100㌘

15~30日分
\2,500

廣貫堂
赤玉はら薬S
和漢薬
丸剤
仁丹程度の大きさの赤い丸薬なので、紹介した薬の中では一番服用が容易です。
食あたり、はき下し、腹痛を伴う下痢等に効果のある和漢生薬製剤です。
コンパクトかつ即効性があるため、旅行のお供に最適です。
2回
\300

当然のことですが、普段とは違うかつてない痛みを感じたら、医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂