認知症地域支援推進員にあはき師が追加

2025年には認知症の患者数が700万人を超えると言うボケ社会高齢化社会へ一直線の日本国ですが、国は少しでも食い止める為に、認知症地域支援推進員(新オレンジプラン)と言う制度を設けています。

認知症地域支援推進員は誰でも就ける訳ではなく、特殊な知識を持った医師、看護師、介護福祉士等に限定されていたのですが、先日発表された改定案によると条件が緩和され、あはき師(あん摩マッサージ指圧師、鍼師、灸師)が追加されるようです。

我々あはき師は昔から高齢者と触れ合う機会が多いため、一般の方が見落としてしまう様な小さな変化に気が付く事が多く、当院のように長く訪問マッサージ(鍼灸、リハビリ)を行っている施術所は特に患者さんの変化に敏感と言えます。
あはき師がこの制度に加わることにより、認知症の早期発見、治療に繋がるのではないかと思います。

やっと国が重たい腰を上げたので、今後は認知症地域支援推進員として活躍するあはき師が増えるかも知れませんね。

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂