2017年春 単味エキス剤 新製品

東洋薬行(勝昌製薬)から新発売される単味エキス剤の紹介です。
新たに、菊の花、枸杞の実、トウネズミモチ(女貞子)、カマキリ卵鞘(!)が加わりました。
トウネズミモチ(女貞子)はアンチエイジングが期待できるので、女性に人気が出そうです。
カマキリ卵鞘(!)は正直な所、使ったことがないので分かりません。 😈

なお、今までは100グラムのボトルタイプだけだったのですが、新たに100グラムのアルミパックと、分包タイプ(20包)が加わりました。
分包タイプのコストは高めですが、持ち運びに便利で、少量を試してみたい方にお薦めです。

製品名 効能
勝昌の菊の花エキス 頭痛、発熱、結膜炎、高血圧症等。
勝昌の枸杞の実エキス 肝臓疾患、足腰の怠さ、かすみ目、糖尿病等。

アンチエイジング剤として有効。

勝昌のトウネズミモチエキス 腰痛、関節痛、精力減退、夜間頻尿等。

アンチエイジング剤として有効。

勝昌のカマキリ卵鞘エキス 腰痛、膝関節痛、視力減退、白髪、夜間頻尿等。

アンチエイジング剤として有効。


左:100グラムアルミパック
右:お試し20分包(20回分)

その他、単味エキス剤の詳細はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂