薬膳 八珍湯スープ

姉が香港旅行のお土産で珍しい物を買ってきてくれました。
なんと、漢方薬の八珍湯です。
聞き慣れない名前の漢方薬ですが、それもそのはず、日本国内では生薬を調合しないと手に入らない超マニアックな処方です。

普通に煎じてしまっては面白くないので、折角の連休と言う事で、今回は薬膳スープを作ってみました。
以下、手順です。

=材料=※(4~6人前)
・八珍湯の生薬一式
・生薬を入れる袋(ティーバッグか、手ぬぐい等で作る)

・水1.5~2ml
・鶏もも肉350g
・適当な野菜
・酒

・塩


1.真空パックに入っている生薬を取り出し、流水で洗います。

2.洗った生薬を綿袋あるいはティーバッグに入れ、溢れないようにしっかりと閉じます。

3.野菜と鶏もも肉を適当な大きさに切ります。

3.「2」、「3」の材料と酒を鍋に入れ、弱火で1時間程度じっくり煮込みます。

4.最後に好みの味付けをするために塩を入れます。
以上で終了です。

薬草独特の匂いがしますが、苦味はなく若干の甘みがありますので、思いのほか美味しいです。
いかにも体に良さそうな味と言った具合でしょうか?

国内では生薬屋に行かないと材料が手に入らないのですが、その気になれば案外簡単に手に入りますので、この手のスープに興味がございましたら是非どうぞ!

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂