風邪にも糾励根(キュウレイコン)

筋肉痛、神経痛を始め、今話題の乳腺炎にも効くと紹介した万能貼り薬の糾励根ですが、実は風邪にも有効な処方ですので、具体的な使い方を紹介致します。

  • MかLサイズのシート、タッパーを用意する。
  • 糾励根1に対して、小麦粉4~5を用意する。※1
  • 水を加えて糾励根+小麦粉をよ~くかき混ぜる。
  • シートに貼付し、腹部に貼り付ける。
  • 必要であれば葛根湯や香蘇散を服用し、ぐっすり眠る。

※1
小麦粉を混ぜると糾励根独特の熱感刺激が緩和され、色が薄くなるので衣服や肌への色移りを防ぎます。
肌が弱い方は、更に小麦粉を増やすと良いです。

糾励根を腹部に貼り付けると20分程度で体がポカポカ温まってきます。
もし、熱感が強いと感じたら小麦粉の量が足りないので、もう少し小麦粉の量を増やしたほうが良いでしょう。
刺激が強すぎると、かえって目が冴えて眠れなくなってしまいますので、薄めに作る事がポイントです。

余程の重症でない限りは1,2日で全快しますので、是非是非お試しください。


小麦粉を加えた糾励根。
玉が無くなるまで、よ~くかき混ぜます。
写真だと黒いですが、実物はかなり白いです。

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂