自分でできるチクチク療法 長田裕

当院でも取り入れている無血刺絡療法(チクチク療法)の新書が、3月3日に発売されます。

2013年に発売された脳神経外科医が考案した超健康になる顔もみ療法でも無血刺絡について触れていますが、来月発売される書籍の方が、より一層、無血刺絡に対する知識を深めることが出来そうです。
また、無血刺絡以外にも、最新の運動療法、食事療法についても触れている点も素晴らしいです。

一般向けの書籍となりますので、非常に読みやすく工夫されていると思いますので、ぜひご覧ください。

【内容情報】(出版社より)
“行列のできるクリニック”の秘密は、脳外科医が考案した「チクチク療法」にあり! チクチク刺激で副交感反応を呼び起こし、自然治癒力を高める新しい治療体系です!

今まで、限られた医療者にしか伝授されていなかったその画期的治療法を、家庭で誰もができるように、イラストを豊富に用いて、やさしくわかりやすく公開します!
頭痛、肩こり、腰痛、ひざ痛、うちみ、ねんざ、腱鞘炎、しびれ、腫瘤、ヘルニア、アトピー、ぜんそく、ボケ、冷え性、便秘などからパーキンソン病、リウマチなどの難病にも効果のある治療法です。

序 章 毎日2分で健康になる! チクチク療法の基本3ステップ
第1章 チクチク療法 症状・病気別の治療法
第2章 なぜチクチク刺激で病気は改善するのか
第3章 チクチク療法と併せて行いたい家庭療法1 温熱療法
第4章 チクチク療法と併せて行いたい家庭療法2 運動療法
第5章 チクチク療法と併せて行いたい家庭療法3 顔もみ療法と指根っこ回し
第6章 食事と病の関係を人類史から見る

 

人形町治療院で行っているチクチク療法のコーナー

無血刺絡(チクチク療法)
長田 裕(ながた・ひろし)医師(ナガタクリニック院長)考案による「福田-安保理論」を基調とした自然治癒力を高め…

コメント