花粉症にYNSA(山元式新頭鍼療法)は有効か?(2)

続編です。

自己YNSAを行い、置鍼(鍼を挿しっぱなしにすること。)を1時間行いました。
もちろん、置鍼している間の痛みはありません。
抜鍼後も鼻水が止まっており、その日は問題なく過ごしていたのですが、翌日になると症状がぶり返してしまいました。

YNSAは即効性が高く非常に有効的な治療法ですが、症状によっては持続時間が短くなってしまうという欠点があります。
ここで登場するのが、以前イギリスから購入したASPです。
ASPを使用している間は、理論上YNSAの置鍼と同じ効果があります。
早速、鼻水を止めるポイントにASPを打った所、鼻水は止まり、一件落着です。
現在も効果が続いているので、私の花粉症にはYNSAが有効だったと断言して良いのではないでしょうか?

花粉症の鼻水、くしゃみに有効な漢方薬
「花粉症にYNSAは有効か?」や、「花粉症には紫雲膏」と言った具合に何度かブログで花粉症の話題を取り上げていますが、今回は漢方薬(飲み薬)のお話です。 花粉症に有効な漢方薬は複数ございますが、特に小青竜湯(しょうせいりゅうとう)と言う...
花粉症には紫雲膏(1)
巷では、鼻に塗ると花粉症が楽になると話題のワセリンですが、実はこれ、紫雲膏の方がワセリンよりも効果が高かったりします。 その効果はテキメンで患者さんの体質にもよりますが、一度で効果が現れます。 紫雲膏とは、あの有名な華岡青洲先生が開...

コメント