ぎっくり腰の対処法と新常識

気がつけばブログの更新を5日も休んでしまいました。

別に遊んでいたわけではなく、『ぎっくり腰』の患者さんの対処に追われていた為でございます。この時期になると『ぎっくり腰』に罹る患者さんが多く、急患として治療を頼まれるので中々忙しい時期でもあります。今回はぎっくり腰の痛みに対する対処法と新常識を紹介いたします。

安静にする

ギクッとやってしまったら、余計なことはせずに安静にしていましょう。
楽な姿勢を見つける事が重要となります。この楽な姿勢とは経験上、患者さんにより異なり、横向きで寝ていると楽、立っていたほうが楽等、個人差がございます。楽な姿勢が見つからない場合は、深呼吸をして落ち着き、リラックスした状態で探してください。
確率は低いのですが、この時点で手足に痺れが出ていたら神経を痛めている可能性がありますので、直ぐに病院に向かってください。

 

痛みがある時に整体やマッサージを受けてよいか

恐らくですが、一般の方が想像している整体やマッサージは無免許経営の店舗を指していると思われます。店舗名が『○○整体院』、『○○もみほぐし』等々の看板を掲げている場合は短期間の研修しか受けていない無免許者が経営しておりますので、高確率で症状の悪化を招く恐れがあります。○○病院(整形外科)、○○治療院、○○鍼灸院、○○接骨院等の名称であれば、十中八九国家資格を持った専門家が経営しているので、体に害を及ぼす確立は極めて低くなるでしょう。治療を受ける際に国家資格免許の有無を確認する事を推奨しております。

埼玉県の広報、”彩の国だより”にも掲載されておりますが、無免許者の施術による健康被害が続出しております。
独立開業権があり、患者さんの体に触れる事の出来る資格は、医師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、柔道整復師(捻挫、打撲、骨折治療に限定。)のみで、これらは全て国家資格免許となります。巷に溢れいる、整体、骨盤矯正、カイロプラクティック、○○式マッサージ、揉みほぐし等には公的な資格制度が存在せず、誰でも自由に使える肩書であり、大半の店舗は国家資格を取らずにこれらの肩書を使い、無免許で営業を行っています。また、整体学校やカイロプラクティックの団体等が独自に発行している認定書を、国家資格免許と偽って開業している悪質な店舗も存在します。軽い健康被害に留まらず、死亡または半身不随等の後遺症が残ってしまったケースも報告されておりますので、くれぐれもご注意下さい。
全日本鍼灸マッサージ師会 ”NO MORE 無免許”PDFポスター

 

温める or 冷やす

患者さんから、「温湿布と冷湿布のどちらが良いか?」という質問を大変多く受けます。
人形町治療院の考えとしては、気持ちの良い方をお使い頂いて結構です。ただし、温湿布のほうが刺激が強いので、肌が弱い方は冷湿布をお使いください。
なお、一昔前は氷嚢を使って患部をキンキンに冷やしたのですが、氷嚢を使うと組織が壊死してしまう可能性があるので最新の現場では使われておりません。冷やす場合はスーパーのレジ袋に水道水を入れるだけで十分でございます。夏場で水道水が生ぬるい場合は、氷を2,3個の少量加えてください。
また、当院は万能湿布の『糾励根』や、江戸時代から珍重されている伝説の膏薬である『下呂膏』を販売しておりますので、こちらもお使いください。

激しい痛み、ぎっくり腰に効く漢方湿布
巷には多種多様な湿布薬が溢れています。これらの新しい湿布薬は副作用が強いという難点がございます。漢方薬店しんあい堂では、安全な生薬で構成された痛みによく効く漢方湿布を取り扱っております。

 

コルセットの効果

過去に腰痛を経験した方であれば、コルセットをお持ちだと思います。
わざわざ買いに行く程のアイテムではないのですが、もし持っていたら使ってみると良いでしょう。
一時期、「コルセットをつけると筋力が下がる。」という噂が流れましたが、科学的な根拠は無いようですので、使用して楽になるようであれば、安心してお使いください。

 

専門家によるケア

当院、人形町治療院と漢方薬店しんあい堂の出番でございます!
当院で治療を行えば、レアなケースを除き10あった痛みを5程度に緩和することが出来るでしょう。歩けないほどの痛みでも、1回の鍼灸治療で歩ける程度には回復しますので、生活の質が大幅に向上します。しかしながら、1回の治療では根っこの部分の痛みが残っているので、続けて2~3回治療を継続することが肝となります。
当院では往診も行っておりますので、痛めた時の初回は往診、歩けるようになった2回目以降の治療は来院と言った具合に、患者さんの状態に合わせて使い分ける事が出来ます。システムをうまく使い、効率よく治療を行いましょう。

ぎっくり腰には、飲み薬でも対処できます。
鍼灸治療と組み合わせるとより一層効果的です。

ぎっくり腰に効く2種類の漢方薬
ぎっくり腰や痛みには漢方薬は効かないと思われているかも知れませんが、長い歴史の中で痛みに即効性のある処方も開発されております。痛み、痺れでお悩みの患者さんはぜひご検討ください。