アニメ『はたらく細胞』が面白い

絶賛放映中のTVアニメ、『はたらく細胞』がとても面白いです。

内容についての事前知識は全く無く、番組表を見ている際にタイトルに釣られて何気なく録画したのですが、1話を観て即ハマってしまいました。番組の内容を一言で説明すると、『擬人化した細胞が体内で働いている話』なのですが、これが思いのほか専門的で、我々の様な医療業界人が観ても十分楽しめる内容となっています。

決して堅苦しい話ではなく、細胞同士のラブコメ(!)要素を含み、1話冒頭の『血管内皮細胞がぁぁぁ!』というセリフで、すっかり私は本作の虜となってしまいました。(すり傷の回は鍼師として少々複雑な気分でしたが!)

現在は深夜アニメというニッチな枠で放送しているのですが、これはゴールデンタイムや、教育機関、Eテレで放送すべき内容です!(血しぶきドバドバですが!!)

8月22日までの限定で、1話の『肺炎球菌』が視聴できます。
百聞は一見に如かずです。ぜひぜひご覧ください。

 

TVアニメ『はたらく細胞』公式サイト | 新作エピソード「風邪症候群」制作+放送決定!!
体内細胞擬人化アニメ『はたらく細胞』新作エピソード「風邪症候群」制作+放送決定!!
『はたらく細胞』素材無償提供を開始
清水茜原作のTVアニメ『はたらく細胞』の公式サイトで、教育機関、医療施設などの関係者を対象に、画像素材の無償提供がスタートしたようです。