代替医療、補完医療での癌治療

東洋医学を提供している人形町治療院と漢方薬店しんあい堂では、鍼灸を中心とした物理療法と漢方薬を組み合わせた総合的な癌ケアを行っています。以前、癌に対する記事を書いたのですが、思いのほかアクセス数が高いので、今回はその記事の続編的な扱いです。

なお、民間療法を受ける際の注意点も記事にしていますので、ぜひご覧ください。

まずは標準治療優先

前回の記事でも最初に書きましたが、必ず標準治療を受けましょう。
標準治療とは科学的根拠に基づいた最良の治療法であり、一般的な患者さん全てに推奨できる治療法です。よって、標準治療に頼らないという考えは、今すぐに捨てるべきです。

インターネットの普及に伴い、抗がん剤や放射線で生じる副作用の怖い噂が流れているますが、これらの標準治療は世界中で有効だと認められたもので、治療効果とリスクを天秤にかけると、明らかに治療効果のほうが期待できると証明されています。

もし、貴方が癌と診断され、運悪く標準治療を全否定する怪しげな施設(民間療法等)に出会ってしまったら、早々に撤退しましょう。弱みに付け込んで高額な金銭を要求させるだけではなく、偏った考えにより患者さんから最も有効である標準治療を受ける機会を奪い、命すら奪われてしまう危険性が高まります。

なお、患者さんが極めて高齢、あるいはターミナルケアを希望される場合は、標準治療を行わない(行えない)ケースもございます。その様な場合は、補完医療・代替医療(東洋医学、伝統医学)による緩和ケアをご活用下さい。きっとご本人やご家族にとって、力強い助けとなるでしょう。

鍼灸や漢方薬の役割

標準治療を行った、行っている状態で、もう一押を希望されるのであれば、鍼灸や漢方薬の様な東洋医学、つまり代替医療(補完医療)の出番です。
私は多くの癌患者さんと出会っていますが、標準治療に東洋医学を取り入れる事により大半の方が何らかのプラス効果を感じているようです。標準治療の様な華々しい効果が期待できるとは言いづらいのですが、副作用の軽減、痛みの軽減、リラックス効果等々、標準治療では対処が難しかった痒いところに手が届く「孫の手」的な役割を果たします。

中々例えが難しいのですが、標準治療が最前線で戦う兵隊だとすると、東洋医学は後方支援に該当すると言えるでしょう。まずは強力な兵隊で癌細胞をやっつけ、戦いにより疲弊した体を癒やすのが東洋医学です。勿論、漢方薬の場合は薬ですので、癌細胞と戦う処方もございますが、この場では割愛致します。

当院の治療法

人形町治療院では鍼灸・マッサージ・整体、併設薬店の漢方薬しんあい堂では漢方薬を取り扱っています。実際に当院の治療を受ける際は鍼灸のみ、漢方薬のみでも構わないのですが、本来東洋医学とは鍼灸と漢方薬を合わせたものを指しますので、両方を取り入れることを推奨致します。

人形町治療院での施術

当院では、主にお灸を中心とした施術を行います。
お灸は薬草であるヨモギの葉で出来ており、消炎鎮痛効果に優れているばかりか、免疫力強化、リラックス効果までも期待できる素晴らしい伝統療法です。体内の温度を上昇させるため、癌細胞に対しても一定の効果があるのではないかと思われます。

費用は1回につき3,000円です。(じっくり60分コースは5,000円)
これを週1~2回の頻度で行います。
※初診時は別途初診料がかかります。

漢方薬店しんあい堂の漢方薬治療

しんあい堂でお出しする漢方薬治療は、大きく分けて2種類の処方に別れます。
1つ目は、癌細胞と戦う処方、2つ目は患者さんの免疫力を強化させる処方です。
薬事法に触れてしまうので製品名は出せませんが、補気剤や霊芝などのキノコ類、牛黄などの動物由来の生薬を使用します。癌の場合は高価な生薬を使うケースが多いので、他の疾患に比べると金額が高くなります。

費用は使用する生薬により異なりますが、大凡、1ヶ月で5,000~20,000円とお考え下さい。
まずは必要最低限の処方からはじめ、場合により他の処方を組み合わせたりします。

まとめ

何となくお分かり頂けたかも知れませんが、「~だけ。」の様な偏った考え方は宜しくないでしょう。癌だと診断された場合、癌という未知の恐怖が目の前に迫っているため正しい判断が出しにくい状況なのは重々承知していますが、ちょっと一呼吸置いて、「何が良いのか」を考えて頂きたいものです。

現代日本人の約50%が癌にかかります。
骨折経験者が約35%程度なので、もはや癌は珍しくもない国民病と言えるでしょう。癌細胞は発見されるサイズになるまでに5年以上かかると言われています。つまり長年の不摂生により発生した慢性病です。例外を除き検査で癌が見つかっても、今日急に悪くなるものではございません。必要以上に恐怖せず、今までの生活習慣を見直し、もう少し体を労ることが肝心です。

余談になってしまいますが、実は先日、叔父が大腸癌と診断されました。
無論、ファーストチョイスは標準治療です。