寝違え、急な首肩の痛みへの対処法

突然襲ってくる寝違えや首肩の急な痛み。
今回は、これらのつらい痛みに有効な漢方薬や湿布、鍼灸治療(マッサージ)を紹介致します。

寝違えとは?

そもそも寝違えとは、睡眠中に何らかの原因(姿勢不良等)によって首肩部の筋肉や血管が引き伸ばされ、血行不良によって発生する強い痛みを指しますが、病院で検査を行ってもこれといった問題が見つからないため、具体的な原因は未だに解明できていません。正しい姿勢で寝ていても、前日に激しいスポーツを行った際に寝違えと同様の症状が現れたりもします。

有効的な薬

基本的に、以前紹介したギックリ腰(急性腰痛)に使われる処方と似通っています。有効的な処方は複数存在しますが、今回は飲み薬と貼り薬(湿布)をそれぞれ1種類ずつ紹介致します。両者とも、当店で購入できます。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)

17種類もの生薬を組み合わせた複雑かつ絶妙な飲み薬です。
『気』の巡りを改善する処方として有名で、急性から慢性的な痛みまで幅広く扱えます。

成分

地黄(じおう) 当帰(とうき) 桃仁(とうにん) 川芎(せんきゅう) 茯苓(ぶくりょう) 白朮(びゃくじゅつ) 牛膝(ごしつ) 竜胆(りゅうたん) 陳皮(ちんぴ) 羌活(きょうかつ) 威霊仙(いれいせん) 防已(ぼうい) 防風(ぼうふう) 白芷(びゃくし) 甘草(かんぞう) 芍薬(しゃくやく) 生姜(しょうきょう)

服用方法

食前あるいは食間に1日3回、お湯に溶かしてインスタントコーヒーの様に温服します。
他の処方と比べると若干苦味が強いので、白湯で流し込んでも良いです。

糾励根(きゅうれいこん)

こちらも当ブログで何度も取り上げられている貼り薬(湿布)です。
粉末を水で溶いて専用のシートに貼り付けて使用するので手間がかかりますが、その効果効能は素晴らしく、ありとあらゆる痛みから風邪、乳腺炎まで幅広く対応できます。

伝説の漢方湿布 糾励根(キュウレイコン)
当店は糾励根(きゅうれいこん)の正規販売店です。専用のシートも取り扱っています。糾励根の最大の特徴は、筋肉痛、関節痛、神経痛に効くのは当然として、風邪や乳腺炎にも使用できる点が上げられます。

成分

黄柏末、山梔子末、蕃椒末、百草霜、乾姜末、半夏末、楊梅皮末、犬山椒末、精製樟脳、薄荷草末

使用方法

水で溶き専用のシートに添付し、1日2~3回、患部に貼り付けます。熱感刺激が強く感じる方は適度に小麦粉を混ぜて調節をします。具体的な作り方は下記をご覧ください。

乳腺炎、乳口炎にも糾励根
辛い痛みや腫れを伴う乳腺炎には当院のお灸やマッサージが有効ですが、糾励根(きゅうれいこん)と言う漢方湿布も大変有効な手段です。糾励根は漢方薬店しんあい堂で販売しております。

 

鍼灸治療(マッサージ)

寝違えはプロの手による鍼灸治療やマッサージも有効です。
特に、YNSA(山元式新頭針療法)という頭部のツボを使った鍼療法は即効性が強く、私個人も寝違えを起こしてしまった際は、自分でYNSAを施している程です。YNSAと上記の処方を組み合わせると、より一層効率的に痛みを取ることが出来るでしょう。
マッサージを受ける際は、必ず国家資格を持っている『あん摩マッサージ指圧師』から受けるようにしましょう。無免許者が行う『整体』は悪化を招く可能性が極めて高いので注意が必要です。
また、無理に動かしたり自己流のストレッチは、症状を長期化あるいは悪化させる原因にも繋がるので、控えたほうが良いです。


自己YNSAの様子

寝具を見直す

寝違えや急性の首肩痛が頻発する方は、枕や布団が原因になっている可能性があります。
枕は動きのある物(小豆、そばがら)、布団は固めの物を推奨致します。
因みに私は、『メディフロー』という水枕を10年間愛用しております。水の量を自由に調節できるので、個人にあった適度な高さや硬さを保つことが可能です。通販大手のアマゾンで買えるのでお勧めです。