祝・人形町治療院10周年!(2)

皆様のお蔭で、無事に人形町治療院は10周年を迎えることが出来ました!

長いようで短かったような、毎日必死に仕事をしていたので正直実感が湧きません。
お世辞にも立地が良いとは言えず、自宅を改造しただけの小さな治療院ですが、ここまで来られたのは皆様のお陰でございます。

これからも今まで以上に安全で安心な治療を提供致しますので、今後とも人形町治療院、漢方薬店しんあい堂を末永くよろしくお願い申し上げます。

2018年8月版 人形町治療院の歩み
  • 2008年8月
    出張専門で業務開始
    鴻巣整形外科に勤務しつつ、休日のみ訪問マッサージ(鍼灸・リハビリ等)を行う。
  • 2009年1月
    訪問鍼灸リハビリマッサージ院 鍼灸工房を開設
    鴻巣整形外科での修行を終え、自宅のリビングのみを改造した簡易的な施術所を設ける。この頃は、来院2割、出張8割で圧倒的に出張施術が多かった。
  • 2012年4月
    業務拡張のため改装工事開始
    新築そっくりさんにて自宅を大規模改築。この間は、近所のアパートを簡易施術所として業務を行う。
  • 2012年7月
    人形町治療院としてリニューアルオープン
    自宅と治療院の玄関が別になり、綺麗な待合室も出来た。
  • 2014年8月
    YNSA®(山元式新頭針療法)を本格的に治療に取り入れる
    山元敏勝医師との衝撃的な出会いから数年、やっとYNSAで納得の行く施術が可能となった。YNSAは現在も当院の基本療法となっている。
  • 2015年4月
    漢方薬店鍼愛堂を開設
    東洋医学本来の姿である、湯液(漢方薬)と鍼灸の併用が可能となった。
  • 2017年12月
    再生医療(膝)の提供を開始
    全国鍼灸マッサージ協会が発行する、機能再生士(第一期)の資格を取得し、最先端の再生医療(PRP療法等)を希望する患者さんの受け入れを開始。

 

さて、ここからは余談でございます。

一部の患者さんには話した記憶があるのですが、当院は広告宣伝費というものを殆どかけていません。よく見かけるステマなど、もっての外でございます。紙の広告を出したのは開業時の2回だけで、正しい情報が伝わる様にホームページやブログは業者に任せず、全て私が手作業でやっています。

「広告を利用すると薬(治療)の効果が正しく伝わらず、実際に使用する(受ける)のが何よりの宣伝である。」
※糾励根の霧島研究所
カッコ内は当院が追記。

広告宣伝費を節約することにより無駄な出費を抑え、少しでも患者さんに還元することが私の目標なのですが、この10年で多少なりとも達成できているでしょうか?

傍から見ると小さな問かも知れませんが、この問は私の永遠のテーマになりそうなので、じっくりと確実に答えを出していく所存でございます。

なお、治療法や薬を知って頂くには最低限かつ適切な広告は必要なので、広告自体を否定するつもりは毛頭ございません。