経口補水液にご注意!

少し前から『経口補水液』が流行っています。
埼玉出身の某有名人がテレビで盛んに宣伝していたり、ドラッグストアに行くと一番目立つ所に配置してある、少しお値段お高めなアレでございます。

当ブログをご覧になっている方はご存知かと思われますが、私は往診治療も行っております。その大半が外出困難を伴う高齢者なのですが、半数以上のお宅に、この経口補水液が常備してあります。訳を聞くと、
「熱中症の予防に毎日1本飲んでいる。(あるいは無理に飲ませている。)」
という答えが帰ってきます。

実はこれは、間違った飲み方です。
経口補水液は熱中症の予防には全く役に立ちませんし、下手をすると健康を害し、病院に搬送される危険すらあります。

本来、経口補水液とは点滴が困難な地域(発展途上国等)で使われる補水治療を目的として開発されたものです。先進国では点滴が困難な乳幼児に対して使用されます。つまり、予防ではなく、治療目的で使用される事が前提となっています。決して、エアコンが効いた部屋で大人しくしている高齢者が熱中症(脱水症状)の予防手段として気軽に服用するものではございません。

上記のように経口補水液は治療目的で開発され経緯から、500mlで約1.5gという大量の塩化ナトリウムとブドウ糖(500mlで9g)を含んでいます。この大量の塩化ナトリウムとブドウ糖を寝たきりに近い高齢者が摂取し続けるとどうなるでしょうか?
結果は一般の方でも想像できると思います。

欠点ばかり記事にしてしまいましたが、経口補水液は治療手段として大変優れたアイテムです。細かい文字で書かれた添付文書に必ず目を通し、上手に活用しましょう。

軽度から中等度の脱水状態の方の水・電解質を補給・維持するのに適した病者用食品です。

経口補水液オーエスワン(OS-1)|大塚製薬工場