花粉症には紫雲膏(1)

巷では、鼻に塗ると花粉症が楽になると話題のワセリンですが、実はこれ、紫雲膏の方がワセリンよりも効果が高かったりします。

その効果はテキメンで患者さんの体質にもよりますが、一度で効果が現れます。
紫雲膏とは、あの有名な華岡青洲先生が開発した軟膏で、当ブログでも顔のシミに効くと紹介した事があります。

使い方はワセリンと同じように、清潔な綿棒で鼻の穴に塗るだけです。
1日3~4回、少なくとも半日で塗りなおして下さい。
独特のゴマ油臭がありますが、10~30分程度で慣れると思います。

花粉症、特に鼻水で悩まされている方は、是非お試し下さい。

もちろん、当店で販売中です。

花粉症には紫雲膏(2)
先日、花粉症の鼻水鼻詰まりには、「ワセリンよりも紫雲膏が効く。」と記事にしたところ、1日で紫雲膏が売り切れてしまいました。 予想以上の反響で、普段、鍼灸で花粉症の治療をしている患者さんの分しか在庫がなく、あっという間に在庫が尽きてしま...
シミ・そばかすには紫雲膏
当院では、お灸の前後に紫雲膏(しうんこう)というゴマ油の臭がする紫色の軟膏を使っていますが、実はこの紫雲膏、火…

コメント