初冬に役立つ5種類の漢方薬

11月に入ると、風邪や冷えを訴えて来院される患者さんが増えてきます。
これらの疾患は鍼灸だけでも対応可能ですが、漢方薬を取り入れると、より一層効率的に体調を整えることが出来ます。
今回は特によく使われる5つの漢方薬を紹介致します。

漢方薬名剤形詳細容量・金額
葛根湯エキス剤
煎じ薬
超有名処方!

風邪薬の代名詞として知られていますが、肩こり、腰痛、筋肉痛の緩和にも多用されています。

免疫力を上げるため、風邪の予防効果も期待出来ます。

3日分
\570
柴胡桂枝湯エキス剤
煎じ薬
適応範囲が広く、インフルエンザの予防薬としても有名。

炎症を抑える効果が強いので、長引く風邪、リウマチや生理痛にも使われます。

3日分
\750
順血温補湯 エキス剤
煎じ薬
冷え性、しもやけの特効薬。

体を温める生薬を、「これでもか!」と言うほど多く含んでいるため、
冷えから来る肩こり、腰痛、関節痛等の諸症状に大変良く効きます。

3日分
\720
香蘇散 散剤軽い発汗作用があり、発熱、痛みに効果的。

服用すると気分が晴れるので、ふさぎがちな患者さんにもお勧めしています。
また、葛根湯よりも優しい効き目なので年配の方にもお勧め出来ます。

100㌘
15~30日分
\2,000
紫雲膏塗り薬当ブログでも何度も取り上げている塗り薬。

ひび、あかぎれ、しもやけ、火傷等に使用する塗り薬ですが、
実は、女性の聖薬と言われている当帰や蜜蝋を多く含んでいるため、シミ、そばかす、シワにも効果的で美容効果に優れています。
何を隠そう、私も毎晩顔に使用しています。
痛みや痒みが強い方には、神仙太乙膏がお勧めです。

50㌘
\1,600

鍼灸マッサージ治療は人形町治療院、漢方薬はしんあい堂で販売しております。

コメント