再生医療の3種類の治療法

提携病院で行う膝関節再生医療の治療プランです。
基本的に患部に注射を打つだけの簡単な治療で、頻繁かつ定期的に通院して頂く必要はございません。

再生医療の概要はこちらのコーナーをご覧ください。

その他、QAはこちらのコーナーをご覧ください。

療法名 特徴
Pro療法 患部に自己修復力を高める成分を注入する療法です。

自己修復力を用いる為、自然な形で修復されます。優しい療法のため効果に個人差がございますが、他と比べると安価に受けることが出来ます。

PRP療法 患者さんご自身の血液を採取し、遠心分離機で抽出したPRP(多血小板血漿)を患部に注入する治療法です。
田中将大投手等のプロスポーツ選手が受けている治療として有名です。

Pro療法よりも効果が強く、慢性急性問わず使用可能ですが、患部の細胞が活性化するため数日間は痛み、腫れを伴う事が多く、適切なリハビリを行わないと組織が固くなってしまう事があります。

間葉系幹細胞療法 患者さんの脂肪から幹細胞を採取し、培養後、体内に注入する治療法です。

細胞そのものを投与するため、再生促進時間が長く、現時点で最も治療効果が高い療法と言えます。
PRP療法と同様に、暫くは患部に痛みや腫れを伴うケースが多いとされています。

※一部の文章を「全国鍼灸マッサージ協会」のパンフレット(再生医療のご案内 膝の痛みを根本から治す療法)から転載しております。

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂