今年の花粉症情報

2月下旬から花粉症を訴える患者さんが激増しております。

私の記憶によると、この数年はあまり花粉症の患者さんは多くなかったのですが、今年は例年の4倍と言う事で、結構な数の患者さんが来院されております。

当院での花粉症に対する治療法ですが、経験上、可能な限りシーズン前から着手する事をお勧めしております。
勿論、症状が現れてからも対応可能ですが、早めに鍼灸や漢方薬を服用した方が予後は良いと言えるでしょう。

よく患者さんから、「鍼灸治療と漢方薬はどちらが良いですか?」と質問を受けますが、個人的な意見としては、可能であれば鍼灸治療と漢方薬の両方、それが厳しい様であれば、漢方薬中心の治療をお勧めしております。
その理由ですが、花粉症はアレルギー疾患に分類されるため、1日1回の鍼灸治療よりも、1日3回服用する漢方薬の方が持続力があるためです。

当院の場合、複数の漢方薬で対応することが多く、沢山の患者さんから好評を得ております。

花粉症でお悩みの方は、人形町治療院、漢方薬店しんあい堂までご相談下さい。

珍しい満量処方の小青竜湯を取り扱っております。

花粉症の記事

花粉症には紫雲膏(1)
巷では、鼻に塗ると花粉症が楽になると話題のワセリンですが、実はこれ、紫雲膏の方がワセリンよりも効果が高かったりします。 その効果はテキメンで患者さんの体質にもよりますが、一度で効果が現れます。 紫雲膏とは、あの有名な華岡青洲先生が開...
花粉症にYNSA(山元式新頭鍼療法)は有効か?(1)
突然ですが、私、花粉症になってしまいました。 実は一昨年辺りから、3月になると少し鼻水が出たり目が痒くなったりしていたのですが、大したことはなく気にしていませんでした。 そして今年、ついに喉のピリピリ感が現れ、現在はクシャミ、激しい鼻水...
花粉症の鼻水、くしゃみに有効な漢方薬
「花粉症にYNSAは有効か?」や、「花粉症には紫雲膏」と言った具合に何度かブログで花粉症の話題を取り上げていますが、今回は漢方薬(飲み薬)のお話です。 花粉症に有効な漢方薬は複数ございますが、特に小青竜湯(しょうせいりゅうとう)と言う...