鍼灸・漢方併用治療例を大量更新

漢方薬店しんあい堂のコンテンツ、『鍼灸・漢方併用治療例』大量更新致しました。

現在の日本で行われている東洋医学は、資格制度の都合上、物理療法(鍼灸・あん摩マッサージ指圧・整体)と薬物療法(漢方薬)の2つに分けてしまい、それぞれを独立させた治療法として捉えていますが、これは正しい東洋医学とは言えません。
別々に取り扱うと、期待させた効果が発揮できず中々上手くいかないのです。

人形町治療院では物理療法、漢方薬店しんあい堂では薬物療法を取り扱っています。
この両方を同時に取り入れることにより、お互いが作用してバランスを整え、患者さんが本来持っている治癒力を向上させる事ができます。

『鍼灸・漢方併用治療例』では、題名の通り物理療法と薬物療法を併用した治療例を紹介しています。
無論、患者さんにはそれぞれ個性があるので全員に効く訳ではございませんが、多少なりとも何らかの参考になれば幸いです。

 

https://ynsa-kanpo.net/page-234