ASPの外し方

当院で大活躍しているフランス製の置鍼、ASPの外し方をご紹介致します。


1.出っ張り部分を爪で掴み、10秒程細かく上下左右に揺する。
2.動く範囲が広がってきたら上に引っ張り、皮膚から外す。
3.無くさないようにセロハンテープ等で包むか、ジュースの缶等に入れて廃棄する。

ASPは、日本国内で通常使われている置鍼よりも持続力が高く外れにくいので、諸々の理由により当院の治療を頻繁に受けられない患者さんには最高のアイテムとなります。
通常の円皮鍼の様にシールを使わないため、YNSAとの相性は非常に良いです。

ただ、残念ながら日本では個人輸入でしか入手手段が無く、通常の円皮鍼と比べると高価な為、使用する際は追加料金を頂いております。

1本200円となりますので、ご希望の際は治療時にお声がけ下さい。

スポンサーリンク
漢方薬店しんあい堂
しんあい堂