風邪と漢方薬

少々体調を崩してしまい、「第42回現代医療鍼灸臨床研究会」を欠席してしまいました。
変形性膝関節症に対する最新の研究発表だっただけに、残念でなりません。
現在は、自分の店に置いてある漢方薬を使ったので回復したのですが、もう少し早く服用していれば今回の研究会にも参加できたかも知れません。
という訳で、今更ですが風邪に最適な漢方薬を紹介いたします。

1.香蘇散(こうそさん)
風邪のひき始めには葛根湯と連想してしまいますが、案外、この香蘇散という紫蘇の葉を主体とした漢方薬の方が合っている患者さんも多く、ファーストチョイスとしてお勧めです。
気分が晴れない患者さんにも良く使います。

2.麻杏甘石湯(まきょうかんぜきとう)
漢字の通り、麻黄、杏仁、甘草、石膏の生薬が含まれた漢方薬です。
咳を止める効果が強く、喘息にも使われます。
いつまでも咳が残るタイプの風邪にお勧めです。

3.小柴胡湯(しょうさいことう)
長引く風邪やお腹の状態に良く効きます。
風邪の症状は収まったけど、「あとひと押し!」というケースに最適です。
大抵の場合、1~3日服用すれば症状が消失します。

風邪薬の費用ですが、1日あたり3袋として、170円~270円程度です。
体調がすぐれない状態で無理をしても症状が長引くだけですので、うまく鍼灸と漢方薬を使い、さっさと治してしまう事が肝心です。
余談ですが、風邪の治療薬(?)の一つとして、コーラもお薦めできます。
意外と思われるかも知れませんが、コーラは子供用の風邪シロップに似た成分で、糖とカロリーを効率よく摂取することができます。
ただし、人工甘味料が含まれているカロリーゼロタイプのコーラは風邪薬として使えませんので、ご注意下さい。

他、漢方薬のご相談は漢方薬店しんあい堂までお願いします。

コメント